人気ブログランキング | 話題のタグを見る

初めての一人暮らしを考えている人に役立つ、賃貸アパート選びのポイントを浮田哲州が解説するブログです。


by ukitates
賃貸物件をインターネットなどで探していると「事故物件」ではないかと
気になる人も多いのではないでしょうか。
事故物件の定義は不動産会社ごとに異なります。
不動産会社によって事故物件として扱われるか異なるので注意が必要です。

事故物件について
事故物件とは「心理的瑕疵のある物件」のことを指します。
心理的瑕疵とは心理的抵抗を感じる重要事項が存在する物件のことをいいます。

・自殺や他殺などがあった物件
・事故や事件などで人が亡くなってしまった物件
・火事などの災害が起こった物件

事故物件がどうか調べる方法としては、下記2つの方法があります。
・事故物件の情報を公開している「大島てる」というサイトで検索
・不動産会社に直接確認

大島てるに掲載されている事故物件の多くは、物件投稿機能によって
一般の人から投稿された内容となるため、情報が正確でない場合があります。
大島てるはPC、スマホの両方から確認することができ大変便利です。
大島てる以外の方法としては直接不動産会社に聞くのがおすすめです。
不動産会社のセールストークが怪しいと感じたら、
事故物件でないか直接聞いてみてください。

浮田哲州
# by ukitates | 2022-03-23 14:35 | 私生活

失敗しない賃貸物件選び

賃貸物件を探す際には、実際に賃貸物件を見てみることが大切です。
また、物件の選び方についても気をつけなければなりません。
物件選びで失敗しないためには、以下のことを気をつけてください。

まずは、実際に物件を見てみましょう。
物件の状態や周辺環境、立地条件などを確認しましょう。
物件選びで失敗しないためには、必ず実際に物件を見てみることが大切です。

周辺環境を見るのはどんなに素敵な物件だったとしても
周りにコンビニがなかったり駅まで遠かったりすると
不便だと感じ快適に過ごすことができないためです。
物件から駅まで自分の足で歩いてどの程度かかるのか、
駅から物件までにどのようなお店があるかを把握することも重要です。

次に物件の状態です。
新築のマンションやアパートであれば
すべてが新しいので快適に生活をスタートさせることができますが
築年数がある程度経過している物件では、建物の状態や設備に不備がないか
事前に確認することが重要です。
特に水回り等は入念にチェックすることをおすすめします。

浮田哲州
# by ukitates | 2022-03-07 17:18 | 私生活

入学や就職によって実家から出て一人暮らしをするという場合、賃貸アパート探しでは家賃や立地に目がいきがちですが、バス・トイレ別かどうかのチェックもしておくといいでしょう。
実家暮らしをしていると風呂場とトイレは別であるのが当たり前と思っていても、賃貸物件になればホテルや海外の住宅のようにバス・トイレ別ではないことも多いものです。つまり、脱衣所はトイレになり、体を洗う場所は湯船の中ということになってしまいます。とくに、一人暮らし用の物件になればその可能性が高くなります。また、風呂には追い焚き機能がついていないという可能性もあります。物件探しの際には、風呂やトイレにも注目して探してみるといいでしょう。

浮田哲州


# by ukitates | 2016-06-14 12:39 | 私生活

周辺環境に気を配ろう

賃貸アパートを探す際、間取りや築年数、設備など物件自体の情報ばかりに目が行きがちですが、周辺環境も非常に重要な要素になります。駅から徒歩何分かは勿論ですが、近くにスーパーがあるかなども生活の快適さを大きく左右します。遊びなどの娯楽施設は近くになくても問題ないですが、スーパーや100円均一ショップ、コンビニ、ホームセンターなど、生活を送る上で自分が利用頻度の高いと思う施設は電車に乗らずに徒歩で行ける距離にある方が便利です。
また、例えば大学などが近くにあれば、安い食堂が多い、夜騒がしいかもしれないなど、生活した際の状況が多少予想できるため、アパートの近くにどのような建物があるかなど周辺環境をよく調べてみると良いでしょう。

浮田哲州


# by ukitates | 2016-05-31 12:38 | 私生活

賃貸アパートを探す際に気になるのが騒音の問題です。実際に住むまではわからないことが多いのも現実ですが、なるべく騒音の問題を避けるために必ず下見をしに行きましょう。線路の近くの物件の場合は、電車が通る時間に必ず窓を開けた状態で音を聞くことが大事です。冬場ですと窓を閉めたまま下見をすることが多く、その時はそれほどうるさくないし平気かなと油断してしまいがちです。また上下左右の部屋の人たちが学生なのか、小さい子供のいる家庭が多いか、社会人の一人暮らしなのかなど、差し支えない範囲で尋ねておくことも重要です。同じような形態で暮らしている人が多い賃貸アパートの方が騒音が少なかったり、お互いに寛容になりやすいため、トラブルを防ぎやすいと言えるでしょう。

浮田哲州


# by ukitates | 2016-05-17 12:38 | 私生活